目の下のザラザラにお困りの方へ

・目の下がザラザラして気になる
・どうやってケアしたら良いかわからない

 

こんな風に目の周りのケアにお困りの方も多いと思います。

 

目元は、皮膚が敏感ですから正しい知識で適切に治していきましょう。

目の下がザラザラする|原因って何?

原因その1:ターンオーバーの乱れ

 

肌表面の角質層は、古いものが剥がれ落ち、新しいものが肌の内側から育ってくる、いわゆるターンオーバーをしています。肌の乾燥などが原因でターンオーバー周期が乱れると、古い角質が肌に残ってしまう事があります。

 

古い角質は硬く、ごわごわしていますので、指で触ると肌がザラザラ感じてしまうのです。ターンオーバーが乱れる原因には、ストレスや寝不足なども上げられます。

 

原因その2:肌の乾燥

 

肌の表面には角質層、その奥に真皮、さらに奥に皮下組織という3重構造をしていますが、一番上の角質層が乾燥していると、角質のキメが乱れザラザラになる事があります。

 

触った時にざらざらしているように感じるのはそのためです。ひどくなると、皮膚が少しめくれてしまっている場合もありますので気を付けてください。

 

原因その3;外部刺激に肌が影響されている

 

肌は、常に外部の刺激に影響されています。例えば、花粉の時期に花粉が肌に付くと、肌がその刺激で炎症を起こし、肌の水分が蒸発してしまうこともあります。

 

微細な花粉や黄砂が飛ぶ春先や季節の変わり目などにざらつきを感じる方は、外部刺激が影響しているのかもしれません。また、紫外線も肌に炎症を起こし、同じように肌を乾燥させてしまいます。

 

原因その4:間違ったスキンケアに肌が影響されている

 

今まで使っていた化粧品でも、肌の方が年齢や季節で変化することにより、急に肌に刺激を与えてしまうこともあります。化粧水に含まれる成分に肌が反応しているかもしれません

目の下のザラザラはどうやって治す?

・ターンオーバーの乱れを整えるためにやるべき事

 

1. まずは保湿をしっかりと

 

洗顔後の化粧水程度はほとんどの方がやっていると思います。まずは顔全体をしっかり化粧水で保湿し、その後、再度、目の下や目元に化粧水をつけてください。元々目の下の皮膚は薄く保水力があまりないので、蒸発しやすい状態になっていますから、この「化粧水の2度付け」は効果的です。

 

もし、化粧水をつけてヒリヒリ感を感じるようであれば、化粧水を変えてみることも一つの手です。その際は、敏感肌をコンセプトにしたものを選んでください。

 

2. アイクリーム or 美容液でしっかりカバー

 

化粧水で水分を肌に与えた後は、その上からカバーし、水分蒸発を防いだり、さらなる保湿をすることが大事です。保湿+カバー、また保湿+保湿をすることにより、今まで持ちが悪かった保水力が持続するようになります。肌に水分がしっかりある状態になれば、ターンオーバー周期の乱れが改善できますし、乾燥肌も治すことができ、それに伴って目元のざらつきも改善することができるのです。

 

・紫外線対策も大切

 

紫外線対策は夏だけでなく、1年中やることが基本です。休日はすっぴんで過ごすという方も、日焼け止めクリームだけはつけるようにしてください。

 

※目の周りをケアする際の注意点
できるだけ目の周りには刺激を与えないようにしてください。化粧水、アイクリーム、美容液をつけるときには指の腹で優しく行いましょう。洗顔も同様です。ざらつきを取ろうとして、ごしごし洗ってしまうと、皮膚が傷ついてしまいます。目がかゆい時も早めに目薬を差し、擦らないようにしてください。目の周りを優しくケアすることにより、
肌の保湿力がアップ

角質が整い、肌のバリア機能がアップ

ツルツル肌に。
このような、変化を感じることができるようになります。

 

保湿ケア+紫外線対策であなたの目の下のザラザラを改善してください。

 

当サイトでは、目元の乾燥を改善する口コミで評判が良い目元ケアアイテムを以下のページでご紹介していますので良かったら参考にしてみてください。

 

目元の乾燥を治すアイクリーム・美容液ベスト5|アットコスメで評価5以上のものを選定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■目の周りのザラザラ|その原因とは?
目の周りのざらざらは、主に乾燥が原因です。肌が乾燥すると、角質層が脆くなってポロボロになってしまいます。触った時にざらざらしているように感じるのはそのためです。逆に、乾燥していない健康な肌は、角質の細胞の間がしっかり詰まった状態で肌表面を覆っているので、触ってもツルツルしているのです。つまり、ツルツルの肌を目指すには、肌の乾燥を解消して角質層のキメが整った状態にし、肌のバリア機能を高めることが大切です。
■放っておけないザラザラ肌
角質層間に隙間があると、その隙間から紫外線などが入り込んで肌にダメージを与えたり、水分が蒸発してさらに乾燥が進んでしまいます。場合によっては侵入した紫外線や微粒子によって炎症を起こすことも。まずは開いた角質層を閉じることが大切ですが、そのためにはクリームなどで角質層をしっかり覆って水分の蒸発を防ぐようにしましょう。低刺激の基礎化粧品で保湿を与えると、目元の皮膚が必要とする栄養分なども補ってくれるので、より角質の状態が回復しやすくなります。特にしっかり摂りたい成分が角質層間脂質であるセラミドです。最近は、皮膚の奥まで入り込むナノ化された保湿成分が配合している基礎化粧品も市場にあるため、肌に浸透させ、肌の保水力をアップさせてください。しっかり保湿をして角質を整え、ツルツルの目元を手に入れましょう。