目元の保湿には

アイクリームとは、目元の保湿やアンチエイジングのために使われる、目元専用のクリームです。

 

目元以外に使えないというわけではもちろんありませんが、皮膚が薄くデリケートは目元に効果的に働くように作られており、費用の面でも顔全体に使うよりはピンポイントの使用が適しているといえるでしょう。

 

目元は特に乾燥や肌荒れを起こしやすい場所ですから、アイクリームは肌に優しいものを選ぶのがおすすめ。

 

乾燥して角質が剥がれたところにキツい成分のものをつけると、さらに状態が悪化することも少なくありません。特に敏感肌の人はできるだけ肌への負担を少なくするために、ノンケミカルのものを使いたいものです。

 

敏感な目元にも使える|保湿基礎化粧品はコチラ

敏感肌向けアイクリーム|最近の流行は?

アイクリームを敏感肌タイプにするのであれば、基礎化粧品全体からそうしたほうがより効果的です。

 

洗顔後、アイクリームの前に化粧水や美容液を塗りますから、肌に直接塗る基礎化粧品の方が大切なのです。

 

基礎化粧品選びは、敏感な目元にも使えるものを選んでいくとよいかもしれません。

 

もちろん、保湿のために必要な成分は欠かせませんが、香料や着色料などは肌に刺激を与える成分ですので、できるだけ使っていないものを選びましょう。

 

最近では、無香料・無着色はもちろん、アルコールやパラベン、石油系界面活性剤、鉱物油なども排した基礎化粧品やアイクリームもあるので、肌への刺激を考えるとこうした製品を使うのがおすすめです。

 

デリケートな目元に毎日使うものだからこそ、肌に優しいものを選ぶことが大切です。

 

もちろんすべての人にアレルギーを起こさないというわけではありませんが、肌トラブルを引き起こす恐れはかなり少なくなります。サラッとした使い心地のものを選べば、メイクの下に使っても化粧崩れを起こすことが少なく、日中も使いやすいでしょう。

 

しっかり保湿して肌の状態を整えることで敏感肌から丈夫な肌になることも多いので、まずは保湿を心がけることが大切です。

 

敏感肌にも使える|優しい基礎化粧品はコチラ

敏感肌を強くしたい方向け保湿ケア

肌が敏感なのは生まれつきという場合もありますが、大抵の場合、後天的に敏感肌になってしまったものです。

 

デリケートすぎる肌を強くしたいのであれば、まずは保湿ケアをしっかりとし、角質層のキメを整えるケアをしてください。

 

角質層を整えるためには肌にセラミドが必要です。

 

なぜなら、セラミドは、角質層間脂質とも呼ばれ、角質層の隙間を埋める役割を果たしているためです。

 

セラミドをたっぷり肌に与えることで、角質が整い、肌のバリア機能が高まります。

 

アイクリームはその後ですね。

 

目の周りが乾きやすい方は、目元だけアイクリームで余分に保湿すると良いでしょう。

 

アイクリームといえば、値段が高いのが定番ですが、それほど高いものを使わなくても効果は十分にあります。

 

本サイトでは、以下のページにて、アイクリームをランキング形式でご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

 

敏感な目元を保湿するアイクリーム|オススメベスト5