目元の肌荒れの悩み

目元は意外と肌荒れを起こしやすい場所です。頬などの他の部分は何ともないのに、目元だけがカサついたり赤みを帯びたりと、肌荒れの症状を起こすこともあります。

 

目じりの周りは特に肌トラブルを起こしやすく、目立つ場所だけに気になるという人も多いのではないでしょうか。

 

この目元の肌荒れも、乾燥が原因となっているケースが少なくありません。

 

目元の乾燥をしっかり保湿|人気目元ケアアイテムはコチラ

 

乾燥から肌荒れへ

肌が乾燥すると、水分が失われてシワやたるみを起こしやすくなるだけでなく、肌荒れの原因にもなるのです。

 

たとえば、紫外線は角質の隙間から肌の奥にまで入り込んで組織にダメージを与えますし、空気中の刺激物もそうした隙間から肌を攻撃して炎症を起こすこともあります。

 

肌の潤いを保ち、角質を正常な状態に保つことは、内側から肌の弾力を保つだけでなく、外側からの攻撃を防ぐ効果もあるのです。

 

つまり、肌荒れを解消するためにも保湿をしっかり行うことが必要です。とはいえ荒れている状態で強い成分のものを使うとさらに負担を与えてしまうこともあるので、敏感肌でも使える低刺激のアイクリームなどで肌にうるおいを与えながら乾燥を防いでいきましょう。

 

肌荒れの解消のためには、水分を補ってやることだけでなく、乱れた角質を正しい状態に戻して、さらに肌両面をうるおい成分でしっかり覆ってやることが大切。セラミドなど水分を肌に閉じ込める成分を含んだものもおすすめです。

 

肌への浸透力が高い化粧水、その後表面を保護する低刺激のクリームを使えば、乾燥しやすい昼間の目元も十分保湿できるので効果は高くなるでしょう。

 

目元の肌荒れを治す目元ケアクリームコチラ

目元の肌荒れを治す手順

まずは目元の皮膚が外部から刺激を受けないようにアイクリームや美容液でカバーしてください。

 

無害のワセリン等でも良いのですが、ワセリンは肌がべたつくので肌荒れの場合埃や花粉が付着する可能性がありますから塗りすぎには注意してください。

 

皮膚をカバーすると同時にやっておきたいのが保湿ケア。

 

化粧水は、セラミド配合のものを使った方が角質が整い、肌の保水力が増しますので、覚えておいてください。

 

目元の肌荒れは、1週間程度では治りません。肌のターンオーバー周期があるので、早くても3週間、長い時は2か月程度様子を見る必要があります。保湿ケアをしている際、なかなか改善しないからと言ってやめてしまうことがないようにしてくださいね。

 

もし、3か月経過しても何の変化もなければ、一度基礎化粧品とアイクリームを見直してみる必要があります。

 

当サイトでは、大手口コミサイトのアットコスメで高評価を獲得したアイクリームをご紹介していますので良ければ参考にしてみてください。

 

目元の肌荒れを改善するクリームランキング