目元のたるみにハリを与えたい

目元がたるんで劣化してきた。
目の下のふくらみが気になる
目元のたるみが大きくなってきた。。。

 

目元がたるむと、一気に顔が老けたような印象になってしまいます。

 

どうしたらよいかわからないからと言って放っておいても治らないのが目元。正しく原因を知り、対策をしてください。

目元のたるみ|その原因とは?

人の肌は生まれてから死ぬまで変化しています。

 

特に20歳半ば以降は、肌の内部にある保湿成分を生成している細胞の活動が低下しますので、肌の保水力や弾力が低下してきます。

 

目元は肌の保水力がもともと低い場所ですから、肌の老化が始まるのも早いです。肌がたるんでくるのは、保水力もそうですが、肌のハリや弾力に関係のあるコラーゲン量が低下してきたのが原因です。

 

ですから目元がたるんできた方は、コラーゲンを増やす努力を始めてください。

目元のたるみを改善するコラーゲン

コラーゲンは真皮の母細胞で作られます。

 

コラーゲンをしっかりと生成するためには、真皮が潤っていることが大切です。

 

特に目の周りは、皮膚が薄いので乾燥しやすいですから、念入りに保湿対策をする必要があります。

 

基礎化粧品での保湿対策に加え、アイクリームなどで目の周りを重点的にケアするようにしてください。

 

また、最近では母細胞の活動を活発にし、肌内部のコラーゲン量を増やす、EGFなどの年齢肌成分を配合しているアイクリーム等もありますから、そういったものをうまく活用して目元のたるみを改善しましょう。

 

本サイトでは、口コミで評判の目元ケアアイテムをご紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

 

口コミで評判の目元ケアアイテム|オススメランキング

年を取ると顔にたるみがでるのは、組織の老化や乾燥が原因。特に乾燥はたるみの大敵なので、しっかり保湿を行うことが大切です。もともと目の周りは肌が薄く、乾燥しやすい場所にあります。たるみだけでなく、シワやシミができやすいことからも、肌ダメージを受けやすいということがわかるでしょう。そのため、「目元は保湿が必要」だということはよくいわれることですが、本当にしっかり保湿ができているでしょうか?私たちは、洗顔後化粧水や美容液などで肌を潤しますが、この時に目元に特に注意して保湿をしているという人は意外と少ないものです。しかも、スキンケア用品には「目の周辺を避けてご使用ください」というものも多く、逆にケアが手薄になってしまうこともあります。本来最も保湿するべきところを避けて保湿してしまう、その繰り返しが目元のたるみを生むのです。そのため、目元にしっかり潤いを与えてたるみを解消するためには、目元専用に開発されたアイクリームを使うのがおすすめ。目の周りの繊細な肌に使っても問題ない成分を使っているばかりか、乾燥しがちな目元がすっかり水分を蓄えられるように抜群の保水力を持つヒアルロン酸を配合していたり、乾燥を防ぐために肌表面をカバーするセラミドを配合しているものも少なくありません。保湿効果の高いアイクリームを使い続けることで、肌にハリが出てたるみを解消し、若々しく見せることができるのです。