目じりの赤みの原因とは?

目尻が乾燥すると、赤みを帯びたりヒリヒリとした痛みを感じることがあります。

 

その原因は個人で異なりますが、いくつか考えられますので、いくつかご紹介します。

 

・化粧品かぶれ
化粧品に含まれる成分に肌が反応して起こる現象です。主に皮膚の薄い目の下や目尻に起こる現象ですが、肌の調子によっては、今まで大丈夫だった化粧水でも急にダメになることもあります。

 

・アレルギー症状
花粉やPM2.5など外からの刺激が肌に影響をしていることがあります。但し、この場合、目尻だけというのは考えにくく、頬やおでこなどにも同様の赤みが出る場合があります。

 

・肌の乾燥
空気の乾燥しやすい秋から冬にかけてなる人が多く、酷くなるとメイクができなくなってしまったり、色素沈着を起こして目の周りが茶色くなってしまうこともあるので、早めの対応が必要になります。

 

このようにいろいろ考えられる目尻の赤みの原因ですが、実際のところ多いのは肌の乾燥です。目の周りを中心に保湿ケアをすることで目の周りの赤みも改善することができます。

 

目じりの赤みを保湿で改善|アットコスメで高評価の目元ケアアイテムベスト5

乾燥対策で気を付けるべき事

とはいえ、乾燥を防ぐために何をつけてもいいというわけではありません。

 

赤みを帯びているということは、肌が何らかの刺激を受けており、炎症を起こしている可能性が高いため、刺激の強いものを使うとさらに悪化させてしまうこともあります。

 

そのため、使うなら敏感肌用の基礎化粧品や目元クリームなど、目の周囲の保湿力を高めながら乾燥を抑えるものが良いでしょう。

 

100円ショップで売っているような粗悪な成分が入っているものは避け、化粧品メーカーの安心できるものを使ってください。もちろんその分お金はかかってしまいますが、結果的に早く、そして確実に改善することができます。

目元にはつけたくない刺激成分

目元はそもそも皮膚の厚みが薄く、敏感になりやすい場所。

 

デリケートになっている肌に、極力負担を与えないために、香料や着色料はもちろん不使用のもので、アルコールやパラベン、石油系海面活性剤なども使っていないに越したことはありません。

 

乾燥すると、肌の角質がひび割れて外からの刺激を受けやすくなり、炎症を起こしてしまうため、まずは肌の保湿力を高めて刺激に負けない滑らかな肌を作ることが大切。

 

また、赤みが出やすい敏感肌の人は、普段から低刺激で保湿力が高い基礎化粧品を使うなど保湿を意識して、肌を乾燥させないことで予防にもなります。

 

本サイトでは、アットコスメで7点満点中5点以上を獲得した評価が高い、目元ケアアイテムをランキング形式でご紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

 

目元の肌のバリア機能を高めたい|アットコスメで高評価のアイテムベスト5